レスベラトロールが入って新登場グリーンズ・フォー・ライフ:チャリティマインド~健康になるための食・生活習慣をご提案

チャリティマインド株式会社は、生活習慣病を予防、改善し、健康でいるために、酵素やファイトケミカルを多く含んだ、生の果物や野菜を中心とした食生活をご提案しています。アロエベラの生葉をはじめ、保存性・携帯性に優れたアロエベラジュースや、野菜の酵素が生きたサプリメントなど、あなたの健康をサポートする商品や情報をご提供いたしております。ありがとうございます。

 

グリーンズ・フォー・ライフ


 レスベラトロールって?
 (誰もが健康的で明るい長寿社会になるために)

老化を遅らせる方法として知られているのはカロリー制限です。
カロリー制限とは、カロリーを抑えながらも必要な栄養素は摂取することを意味し、そんな中「グリーンズフォーライフ」は効果的です。
研究では、カロリー制限により、ある哺乳類において寿命が50%以上も延び、他にも副次的な効果が得られたことが明らかになっています。
地球上のほとんどの生物のDNA(遺伝子)の中にサーチュイン遺伝子という物があり、通常はOFFの状態になっています。しかし栄養のバランスを保った状態で30%程のカロリー制限をした生活をしてゆくことにより、サーチュイン遺伝子がONになり働き出し、細胞のミトコンドリアを再生し活性酵素や免疫機能の暴走を抑え、細胞の老化を抑え、若々しく健康的に寿命がのびる事が、米国マサチューセッツ工科大学(MIT)の教授が発見しました。
このサーチュイン遺伝子は100種類もの老化要因を抑え、肌や血管や脳など、体のさまざまな器官を若く保つことができる言われています。その結果として人間の平均寿命が、100歳を超えることも過言ではないといわれています。
ただし、栄養バランスよくカロリー制限を30%を一生行うのは難しく、誰でも美味しいものを食べたくなる時はありますし、沢山食べてしまう事もありますよね。それも人生の楽しみの大切な一部分です。そんな中、ブドウの皮などに含まれるポリフェノールの一種のレスベラトロールに、カロリー制限をした時と同じ効果があることが、証明されました。
この、レスベラトロールは「グリーンズフォーライフ」にも多く含まれており、新グリーンズフォーライフの重要な成分となっています。
また、レスベラトロールはイタドリ由来の粗悪なサプリも出回っておりますが、グリーンズフォーライフに含まれる、レスベラトロールはブドウ由来の安心で安全な高品質のレスベラトロールから出来ています。

 「GreensForLife」に50種類以上の原料成分が入っている理由

「グリーンズフォーライフ」の配合のポイントは個人によって異なるさまざまな健康状態に対応している点です。 50種類以上の原料成分が入っていることで各人に幅広い健康効果をもたらすのです。本製品1回分に合まれている果物や野菜がもたらす抗酸化作用とファイトニュートリエント(植物栄養素)効果は、食事3回分の果物や野菜に相当します。一度の食事でこれだけたくさんの果物や野菜を摂るのは大変です。
それ以外にも本製品には、体内の毒素を解毒する作用や抗炎症作用のほか、食物繊維、プロバイオティクス(体内フローラのバランスを改善する微生物)、消化酵素、血液浄化作用がある緑黄色野菜、臓器や全身の健康を損なうフリーラジカルによるダメージに効果のある抗酸化物質を補充する効果もあります。

 アンチエイジングの鍵(1)十分な栄養

アンチエイジングに必要なのは健康的なライフスタイルです。十分な栄養を摂った上でカロリーを抑えることが大切です。
「グリーンズフォーライフ」のような自然食品は老化の進行を遅らせるほか、寿命を延ばす効果があると考えられています。老化は避けることのできないものですが、多くの身体的障害は回避することができます。晩年を身体的障害なく健康的に過ごすことはできるのです。
家族、友達、医師らの支えがあり、良好な栄養状態や過切な生活習慣を保ち、ストレスにきちんと対処していれば、疾患を防ぎ、慢性症状の影響を軽減することができます。多くの人は「カロリー過多の栄養不良状態」に陥っているのです。

 アンチエイジングの鍵(2)カロリー制限

老化を遅らせる方法として知られているのはカロリー制限です。
カロリー制限とは、カロリーを抑えながらも必要な栄養素は摂取することで、「グリーンズフォーライフ」は効果的です。
研究では、カロリー制限により、ある哺乳類において寿命が50%以上も延び、他にも副次的な効果が得られたことが明らかになっています。
人間の寿命を延ばすことができるなら、老化による障害を持った状態で過ごす期間を引き延ばすよりも、若さや元気を維持したまま健康的に過ごせる期間を引き延ばすべきです。ただ長生きすることに固執するのではなく、人生を楽しめるようにしなければなりません。最近、小分子活性因子と呼ばれるいくつかの分子(レスベラトロールなどの植物性ポリフェノール)にカロリー制限した場合と同様の効果が現れることが明らかにされています。これは「グリーンズフォーライフ」にも多く含まれています。

 カロリー制限には3つの効果があります

食事の摂取量が減ると、代謝が低下し、代謝サイクルの副産物として生じるフリーラジカルが減少します。フリーラジカルが減少すると、細胞ダメージも少なくなり、がんやその他フリーラジカルが関与する疾患も発生しにくくなるのです。
また、カロリー制限により、スーパーオキシドジムスターゼやグルタチオンペルオキシダーゼなどのフリーラジカルに対抗する防衛酵素が増加します。
そして、抗酸化作用のあるメラトニンなど、一部のホルモンの生成が促進されます。
カロリー制限を適切に行うと(少ない回数で一度に多くの食事を取るのではなく、食事量を減らして回数を増やす)、インスリン分泌が減少しながらも血糖値を安定させるのです。

 朝1回摂取するだけで3食分

健康的な食生活、日々の運動、ストレスヘの対処、喫煙や飲酒といった生活習慣の管理など、予防的な健康管理を行うと、寿命を延ばし、高齢になってからの生活の質を高めることができるのです。運動は食欲、骨の健康、精神状態、消化、血行を良くします。水分をたくさん取ると健康的な肌を保ち、消化を良くし、老廃物の排出を促します。
ハーブティー、フルーツジュースや野菜ジュース、水分を豊富に含んだ果物や野菜などから、1日にグラス8杯分の水分を取る必要があると言われています。
高齢者は味覚が鈍くなり、塩分を取り過ぎる傾向にありますが、塩分は高血圧や栄養素の損失につながります。砂糖の摂取量も増えます。海草や少量の蜂蜜で代用しましょう。アルコール、ニコチン、カフェインは悪影響を及ぼすおそれがあるので、控えめにするか、全く摂取しない方が良いでしょう。

食物繊維を多く摂り、脂質を少なくする食事療法がお動めです。加工食品はなるべく取らず、全粒粉など数種類の炭水化物を取ります。咀嚼が困難な場合、プロテイン飲料、果物や野菜のフレッシュ・ジュースなどをたくさん取る必要があります。
日々の生活が非常ににしくあまり時間がないために、食事から栄養を十分に取ることができず、健康を維持するのが難しいと考えている人は多いと思います。

そんなジレンマを解決するのが「グリーンズフォーライフ]です。
朝1回摂取するだけで3食分の果物と野菜の抗酸化作用とファイトニュートリエント(植物栄養素)効果が得られるので、フリーラジカル生成につながるカロリー取り過ぎを避けて必要な栄養を摂取することができます。午後にもう一度「グリーンズフォーライフ」を摂取すると、さらなる老化防止効果が得られます。
「グリーンズフォーライフ」をあなたの日々の健康維持にお役立て下さい。

 ホメオパシーについて

現代西洋医学におけるホメオパシーとは、ドイツの医師・化学者、サミュエル・ハーネマンが200年以上前に提唱したもので、ある病気を引き起こす物質と「同じ]物質を薄めて極小量投与することで、患者の自然治癒力を引き出そうというものです。
ギリシャ語の「homeo(=同じ)」と「pahos(=病気)」が語源で、同じ物質を投与して治療するのです。患者の身体的・精神的症状に注目し、健康な人に投与すればそれと同じ症状を発生させる物質を、害のない程度にまで希釈してごく少量投与します。
マハトマ・ガンジー、エリザベス女王、チャールズ皇太子、ポール・マッカートニー、ティナ・ターナー、デビッド・ベッカムなど世界的に有名な人々もこうした自然療法を利用しているのです。

 自然療法について

N.D.とは自然療法医のことです。自然療法とはヨーロッパ発祥の治療法で、病気は、体が本来持っている自然治権力に変化が生じたことの現れと考えます。病気の治療だけではなく、健康回復にも重点を置きます。
現在では、ヨーロッパ、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、アメリカで自然療法が行われています。自然療法では、症状ではなく病気の原因を特定し、その治療に当たります。
診断や治療には栄養、食事療法、サプリメント、漢方薬、ホメオパシー療法、触診、運動、カウンセリングを行います。自然療法の考え方としては、体の自然治癒力を高めることを重要視しているのです。





カロリーを抑えながらも必要な栄養素は摂取することが大事です。

老化は避けることのできないものですが、多くの身体的障害を回避し、老後を健康的に過ごすことはできるのです。
そのためには、疾患を防ぎ、慢性症状の影響を軽くする健康的なライフスタイル必要です。家族、友人、医師らの支え、良好な栄養状態、適切な生活習慣、ストレスにきちんと対処すること等があげられます。
また、老化を遅らせる方法として知られているのはカロリー制限です。ある研究では、カロリー制限により、ある哺乳類において寿命が50%以上も延び、他にも副次的な効果が得られたことが明らかになっています。
カロリー制限には3つの効果があります。食事の摂取量が減ると、代謝が低下し、代謝サイクルの副産物として生じるフリーラジカルが減少します。
フリーラジカルが減少すると、細胞ダメージも少なくなり、がんやその他フリーラジカルが関与する疾患も発生しにくくなるのです。
また、カロリー制限により、スーパーオキシドジムスターゼやグルタチオンペルオキシダーゼなどのフリーラジカルに対抗する防衛酵素が増加します。そして、抗酸化作用のあるメラトニンなど、一部のホルモンの生成が促進されます。カロリー制限を適切に行うと(少ない回数で一度に多くの食事を取るのではなく、食事量を減らして回数を増やす)、インスリン分泌が減少しながらも血糖値を安定させるのです。
また最近、カロリー制限と同様の効果が、<グリーンズフォーライフ>にも含まれている、小分子活性因子と呼ばれるいくつかの分子(レスベラトロルなどの植物性ポリフェノール)でも現れることが明らかにされています。

若さや元気を維持したまま、健康的に人生を楽しめるようにしなければなりません。

最近、日々の生活が非常に忙しくあまり時間がないために、食事から栄養を十分に取ることができず、健康を維持するのが難しいと考えている人は多いと思います。また、多くの人は「カロリー過多の栄養不良状態」に陥っていると思います。
そんな不健康状態を解決するのが<グリーンズフォーライフ>です。朝2~5g摂取するだけで果物と野菜の抗酸化作用とファイトニュートリエント(植物栄養素)効果が得られます。午後にもう一度<グリーンズフォーライフ>を摂取すると、さらなる老化防止効果が得られます。

100%天然、無農薬有機栽培、完熟した食物

CQ057.jpg「グリーンズ・フォー・ライフ」のすべての原料は、農薬や除草剤を一切使用せず有機栽培されています。

また、「命の力」や「酵素」を失わないように生産工程では、熱を加えないように、収穫後4時間以内にフリーズドライ製法でパウダー化しています。


「ファイトケミカル」摂取の重要性

世の中では、過去数十年に渡り、「ビタミン群」と「ミネラル」が注目されてきました。

しかし、最近になって、何千種類もの「ファイトケミカル」(食物栄養素)の存在が確認されました。

そして、これらの「ファイトケミカル」が、身体の抗酸化や消炎作用をもたらす、パワフルで大切な栄養素であることが分かりました。

「ファイトケミカル」は、生の野菜や果物の中に、豊富に含まれているのですが、48度以上の熱を加えることで、喪失していくことも分かりました。

「ファイトケミカル」は、それ自体が重要なだけではなく、多くのビタミンやミネラルの吸収や活用を高めるのに重要な役割を果たします。

しかし、市販されているマルチビタミン剤の多くには、「ファイトケミカル」が全く、もしくは、ほとんど含まれていません。

私たちが目指す食生活の目標は、シンプルです。

たくさんの種類の「ファイトケミカル」を毎日十分に摂取することです

 

あなたは、野菜不足になっていませんか?

例えば、一人暮らしの方が、毎日、いろいろな種類の新鮮な野菜を組み合わせたサラダを食べられるかというと、かなり大変ですよね。

日本人のほとんどの方が、欧米化された食事に変わってきており、一日の食事を振り返っても、野菜が占める割合は、かなり低いのが現状です。

野菜を多く食べている方でも、熱に弱い酵素やファイトケミカルをしっかり摂れているかというと、加熱調理された野菜が中心のことが多く、野菜の持つ素晴らしいパワーを十分に得られてはいません。

歳を重ねるごとに、歯が弱くなり生野菜を噛むことが難しくもなります。その場合は、ジューサーで生野菜ジュースを作って飲むのがおすすめなのですが、忙しいときには、ジューサーの後片付けが面倒で敬遠されがちでもあります。

「グリーンズ・フォー・ライフ」は、そんな方々に、カプセルを水で飲むだけという非常に手軽な方法で、生野菜に含まれるビタミン、ミネラル、食物繊維、酵素、ファイトケミカルを摂っていただけるサプリメントタイプの健康食品です。


毎日5~10カップ分の色の異なる野菜や果物を摂取

CQ080.jpg 「米国国立がん研究所」(NCI)と「米国がん研究協会」(AICR)は、健康を維持したいと思うすべての人々は、7色に分けられた食品グループから各1カップ分を毎日積極的に摂取するように推奨しています。

これは、「健康」を達成するためには、毎日欠かさずに、複数の色の異なる野菜や果物を5~10カップ分摂取しなくてはならない、という意味です。

フルーツや乳酸菌も入って、さらにパワーアップした
新グリーンズフォーライフ!

「グリーンズ・フォー・ライフ」は、50種類以上もの野菜、果物、ハーブ類などを、本来の栄養を損なわないように「フリーズドライ製法で」で凝縮した、サプリメントです。新しくラミジップ袋入りになり携帯にも便利になりました。朝食、昼食、夕食それぞれに生の野菜や果物を摂ることが難しい現代人にとって、いつも携帯して手軽に1日に必要な十分な量の「ファイトケミカル」(食物栄養素)を摂ることができる、画期的な「栄養補助食品」です。

 

32種類の葉、野菜、ハーブ類を、低温乾燥した「命の野菜」グリーンズ・フォー・ライフ グリーンズ・フォー・ライフ
内容量:1袋:270カプセル

■定期購入 7,560円(送料・税込)
*6000ポイント
■会員価格 8,560円(送料・税込)
*6000ポイント

■定価 10,800円(送料・税込)
*6000ポイント

グリーンズ・フォー・ライフの成分
大麦若葉、オート麦、プルーンエキス、ブラックチェリー、アセロラ、ニンジン、赤ワインエキス、 ブルーベリー葉エキス、ウメ、ブロッコリー、リンゴ皮エキス、モモ、ビルベリーエキス、レーズン、ホウレン 草、パパイヤ、レスベラトロールエキス、キウイ、ウコン、乳酸菌、パイナップル、クランベリー、イチゴ、ラズ ベリー、洋ナシ、スイカ、ミルクシスル、ケール、カリフラワー、キャベツ、パセリ、スピルリナ、クロレラ、 生姜根、バナナ、アロエベラ、リコリス根、アップルペクチン、ケラスチン、緑茶エキス(デカフェ)、グレー プシージエキス、ビタミンC、セルロース、ナチュラルフレーバー


GreensForLife原材料一覧表

健康に長生きしたければ「潜在酵素」を節約すること

CQ007.jpgこだわりのひとつは「酵素」です。健康に長生きしたければ「潜在酵素」を節約する必要があります。(詳しくは鶴見隆史著スーパー酵素医療をお読みください。)それには「酵素」を食べる必要があるのです。グリーンズ・フォー・ライフは酵素の働きが期待できるのです。(酵素は48℃以上でほとんどが失われてしまいます。)酵素は私たち人間の生命活動の根源です。
私たちは食べたものを消化吸収し、それを基にあらゆる活動をしていますが、すべては酵素による化学反応です。ビタミンやミネラルは補酵素と呼ばれていますが、酵素がなければどんなにビタミン・ミネラルを摂取しても意味がないのです。1日に作られる酵素の量が決まっているともいわれています。
身体で造りだす酵素は消化酵素と代謝酵素に分かれます。そして、食べ物には食物酵素が入っています。食物酵素がたくさん入っている食べ物を食べると潜在酵素を消化酵素として使う必要がなくなり、多くを代謝酵素として使うことができます。代謝がスムーズであれば身体の中をきれいに保つことができ、肥満や病気とは無縁の身体を造ることができるのです。

もうひとつのこだわりはグリーンです。緑の葉が緑なのは葉緑素(クロロフィル)があるからです。この葉緑素は面白いことに人間の血球素(ヘモグロビン)と分子構造がほとんど変わりません。
違いは中心の元素がMg(マグネシウム)とFe(鉄)だけの違いです。これが造血の過程で葉緑素が重要だといわれる由縁です。だから私たちは緑のものをたくさん摂取する必要があるのです。

手軽に「酵素と緑」を同時に取ることができるのが「グリーンズ・フォー・ライフ」なのです。

 

34種類の葉、野菜、ハーブ類を、低温乾燥した「命の野菜」グリーンズ・フォー・ライフ グリーンズ・フォー・ライフ
内容量:1袋:270カプセル

グリーンズ・フォー・ライフの成分
大麦若葉、オート麦、プルーンエキス、ブラックチェリー、アセロラ、ニンジン、赤ワインエキス、 ブルーベリー葉エキス、ウメ、ブロッコリー、リンゴ皮エキス、モモ、ビルベリーエキス、レーズン、ホウレン 草、パパイヤ、レスベラトロールエキス、キウイ、ウコン、乳酸菌、パイナップル、クランベリー、イチゴ、ラズ ベリー、洋ナシ、スイカ、ミルクシスル、ケール、カリフラワー、キャベツ、パセリ、スピルリナ、クロレラ、 生姜根、バナナ、アロエベラ、リコリス根、アップルペクチン、ケラスチン、緑茶エキス(デカフェ)、グレー プシージエキス、ビタミンC、セルロース、ナチュラルフレーバー


GreensForLife原材料一覧表



PRODUCTS

 

アロエベラ生葉 アロエベラジュース アロエ酵素1000 グリーンズ・フォー・ライフ ビルベリーEX&ルテイン

 

ウコン+オルニチン・シトルリン プロポリスEX

  

 

TOPPAGE  TOP

 
RSS2.0